居合道の知識
Home > 居合道の知識

居合道の知識

居合とは

居合は抜刀術、居相、抜合、鞘の内などとも呼ばれ敵の攻撃に臨機応変に対応する日本刀を用いる武術であり、その起源は古く室町時代にまでさかのぼることができます。武家時代における居合術は数ある武芸の中のひとつとして武士に修練されたものです。

現在の居合道は「剣の理法の修練による人間形成の道」すなわち人間の修養として行われています。居合は剣道のように実在の敵を相手にするのではなく、自らが仮想敵に対して抜刀、斬・突を行ないます。居合道には多くの流派があり、それぞれの流派が持つ技(古流と呼ばれる)と流派を越えて全日本剣道連盟で統一された十二本の技(制定居合)にわかれます。制定居合(正式には全日本剣道連盟居合)は、多くの流派の技を組み合わせて作られたもので、試合や昇段審査の時に重視されています。

 

居合の歴史
 
現在の山形県村山市に生まれた林崎甚助は神夢想流、林崎流、重信流などと称される居合流派の流祖だが現在では居合道の始祖とされています。

室町時代の天文4年(1542)生まれ。幼名民治丸といい幼い頃から故あって父の仇討ち修行に励んでいたある日、居合の術を会得し、元服後林崎甚助重信と名乗り仇討ちを遂げた後、全国に「抜刀術」を広めたといわれていますが以後の消息は不明。

その剣技は戦国時代の幕開けと相まってさまざまな流派に分かれ相伝されていきました。伯耆流流祖片山伯耆守、田宮流流祖の田宮平兵衛、関口流流祖の関口柔心など各居合流派の流祖も甚助の門下と言われています。

お問い合わせ